私はFランク大学・妻は高卒
御三家(開成・麻布・武蔵)を目指す12年間

麻布高校生編

残酷な天使

コロナ禍
学校も生徒もこの状況にようやく適応しだした感じ、そろそろ勉強をしだして欲しいと毎日神々にお願いする私です。

さて、肝心の息子ですが
勉強をしだす微かな兆しが、
蜃気楼かもしれませんがみえてきました。

息子
「塾に行ってみようかな〜暇だし」

「いいんじゃない」
奥さん
「英語が弱いから、英語がいいよ」

「そうだね。そうだね 🎶」

ここまでは順調でした、
しかし次の瞬間、奥さんからでた
残酷な言葉が
「個別授業がいいよね、本人の状況に合わせてやってくれるから」

それは授業料高いから集団でいいよと懸命に言う私。
この展開はいつものじゃないか、
最後の望みをかけ、息子に刹那的眼差しを!反対して〜、反対してください。
お願いします、反対プリーズ。
心の中で叫びました。

息子
「いいかもね」

 

 

歌が聞こえました。
ざんこくな〜てんしのテーゼ

2021年2月
東大への道のり英語スタート
私の小遣い減額スタート

⭐余談
例年ならゴールデンウィークに学園祭が開かれ、そこで高校2年生は燃え尽き、受験モードに突入するのが恒例だったみたいですが、今年は緊急事態宣言なので去年同様、秋に開催予定。
アイアングリーン会の生徒は別にして
麻布を満喫している生徒達はなかなか受験モードに入れないです。

ページトップへ