私はFランク大学・妻は高卒
御三家中学(開成・麻布・武蔵)を目指す12年間

楽しい方がいいよね

いじめって、、、なに?

どの親も心配するのがイジメだと思います。麻布には基本存在しません。

自由闊達の精神の通り、麻布は自由すぎます(笑)自由はなにをしてもいいということではなく、何事も自己責任みたいです。大海原に小舟を漕ぎ自分の責任で何事も進めるので、実をいうといじめなどくだらない事に関わってる場合ではないのです。あの苦しかった受験戦争後、勝ち取った自由の時間を全力で楽しむ事しか考えてないように思われます。

  • 中学1年生の時

勿論男子がこれだけ集まるので喧嘩はあります。入学早々取っ組み合い等。

  • 中学2年生の時

学校にもなれ落ち着いてきます。喧嘩も無くなります。

  • 中学3年生の時

息子に聞きました。「今までクラスでイジメってあった?」
息子「アオリはあるけどイジメはないよ」「麻布生でそんな時間の無駄なことする奴いない」

色々なタイプの人間がいて、それぞれの個性や能力をリスペクトしつつ、自分最高!俺神!宗教俺!と思ってるのが麻布生みたいです。

もしイジメがあった場合でも大丈夫です。先生が問題の生徒と徹底的に話をしてくれます。何日、何ヶ月、何年でも、、その生徒が理解するまで。

中3の柔道事件

この話はイジメではないですが、麻布生らしい話をひとつ。
麻布では柔道か剣道のどちらかを選択します。
柔道の授業は19名でした。
新任のマイクタイソン先生。気合が入っていたんだと思います。麻布生の青、赤、金髪が許せなかったのかもしれません。
生徒に対して、俺に従え、逆らうな、みたいな高圧的な授業だったそうです。

初日の授業で嫌になって2名授業にでなくなり、次の授業で4名離脱、次の授業では9名行方不明に。このままだとヒッチコックの映画になってしまいそうだな〜と息子の話を聞いていました。
普通の学校なら考えられないかもしれませんが、麻布生はそんな授業にはでません。その授業にでずクラスで遊んでるか、そもそも1限がない設定で登校してきたり、うちの息子は図書館で本を読んでたみたいです。授業にでないでも怒られない話を聞いた時はびっくりしましたが、授業にでるのもでないのも自由で生徒の自己責任みたいです。その授業の単位がとれないだけです。

その後なにかあったんでしょうか。
先生が優しくなったそうです。

その噂を聞いた生徒は授業にでるようになって今ではみんなでてるそうです。生徒もわかりやすいですね(笑)楽しければでる。楽しくなければでない。

私は思います。麻布に入ったのは自由と勉強を満喫しにきたのであって、運動選手になるつもりで来たわけではない事を体育の先生も理解してくれると助かります。麻布生は理不尽な事には従いません。変な生徒が多いので先生も大変だとは思いますが、頑張って仲良くやってくださいね。

というわけで、イジメはほぼないようなので安心して麻布中学校を目指してください。

最後にタイプ別な変わった子がたくさんいるので、どんな子でも必ず居場所があるのが麻布です。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

ページトップへ