私はFランク大学・妻は高卒
御三家(開成・麻布・武蔵)を目指す12年間

公立小学校との接し方

先生

こんな事を言うのはおこがましく、また家庭の事情によって考え方が違うのであくまでも私の小粒な脳みそで思う事です。

先生との関係で一番苦戦したのは、、、、宿題です。

中学受験を目指す家庭と高校受験からの家庭では宿題にたいする考え方がまったく違います。

塾に行くとわかりますが、やらなくてはいけない塾の復習が山のようにあります。(地獄の特訓)
子供は遊ぶ時間も欲しいし、塾の勉強もしないと親に怒られるし。
そこにプラスで学校の宿題が沢山だされたら、、、、子供の気分になってください。
残業していて、あと少しで終わると22時になる時計をみてたところに上司から山のような書類を机の上に置かれ、「これも頼むね」と言われたら
心の中で発狂したくなり、エクスペクト・パトローナムと守護霊でも呼びたくなります。もしくはバロスと言ってすべて終わりにしたく、、、、

宿題とは家で勉強して授業に追いついてくださいねという意味があると思います。
塾にいっている子は宿題以上に自宅で勉強をしているので小学校の宿題が負担になります。

算数のドリルや同じ漢字を20回、10文字書きなさいなどもはや苦行です。

そこで我が家でとった行動は、黄金の左手です。マラドーナではないです。息子の汚い字を真似て私が仕事が終わった後に深夜にやってました。
6年生の女の先生を呪いたくもなりました。同じ漢字を10文字x20回ずつ。計200字。

優優優優優優優優優優優優優優優優優優優優
このように手書きで息子の字を真似て200文字。
ブラック企業で働いてる気分
もはや洗脳ですね。
おかげでバカな私が漢字を覚える事になったので、それはそれで良かったのかもしれません。

学校の先生も平等な精神は大切ですが、宿題の出し方は、生徒によって分類してだしてくれると助かるのにな〜と出来ない事を思う私でした。

友達

基本わたしは気の合う友達なら誰でもいいという考え方でした。
奥さんはゲーム狂いの友達はイヤみたいでしたが、そんな態度はとってはいけないと叱った事もあります。

息子が小学校生活をスムーズに快適に過ごすには、仲の良い友達が2.3人いないといけないと思っていました。

●友達A君
受験勉強を塾にいかないで、必死にやって希望の中高一貫の公立に受かりました。
ゲームもうちに来た時に、二人で仲良くやって、お片付けもちゃんとでき。帰り際には、大人ぽい挨拶をする子でした。

●友達B君
読書が好きで息子にもよく本を貸してくれました。話好きな子だったので、息子の部屋で女子の悪口を延々に語ってました。

●友達C君
ゲーム王
お片付けゼロ。家の破壊工作。お菓子のクズ散乱。息子の事もよく裏切ります(笑)
でもとても子供らしく可愛らしい子で私は好きでした。

二人でバーチャル世界の旅をドタバタ

ゲームを嫌う親は多いかもしれませんが、友達付き合いもできないで受験戦争に勝っても私は意味がないと思ってたので、この三人には今でもとても感謝してます。
息子と仲良くしてくれてありがとう。

小学生のイジメ、喧嘩

<親の介入>
イジメ、暴力に関しては介入をしないといけないかもしれません。
そこでまずはじめに、本当にうちの子に悪いところはないのかを調べます。うちの子に限っては禁物です。しかし子供の言ってる事も信じないといけないです。
男の子はどこか抜けてるので嘘をついてると必ず話の中にボロがでます。(そこが可愛いとこですが)

わが家の事件簿2件をご紹介いたします。

<息子のデータ>
弱い癖に。少し生意気で歪んだ正義感あり。
戦闘能力:3 正義感:7 言葉の戦闘能力:999

事件簿1

2年生の時、下校中に6年生に暴力をふるわれ怪我をして帰ってきました。すり傷と打撲程度。
友達同士の喧嘩は今まで見逃してきました。男の子の世界だから色々あるしねと。

話を聞くと上級生三人に蹴られ、殴られたと、奥さんから会社に連絡がありました。
本当か?息子が大袈裟に言ってるだけじゃないか?

その日の夜。
近所の上級生のお母さんから電話がありました。息子さんが、その現場をみて可哀想だったと心配して教えてくれました。

翌日、担任の先生に相談をしました。
この時の男の先生は、本当にいい先生で、今でも我が家では神扱いです。

その先生は事情を話すと直ぐに動いてくれて、翌日にわざわざうちに来て原因と結果を報告してくれました。

下校途中に上級生がふざけてきて、うちの息子が生意気な口をきいたところ上級生の暴力に発展したそうです。うちの息子も水筒でガンガン殴りかえして応戦したところ、怪我は6年生の方がひどかったみたいです(T_T)

先生の報告を受けた私は
「喧嘩両成敗でいいと思いますが、上級生はもうすこし下級生に優しくお願いします」と言って終わりました。
先生も翌日上級生と息子を呼び出し双方謝って終わりにしたみたいです。大ごとにもならなかったのでよかったです。

⭐️余談
やはり息子の報告には誤魔化しが(笑
上級生を水筒で殴った話はしてなかったです。息子に後日聞いてみると「それは聞かれてないので言わなかった」
(T_T)
子供を全面的に信じるのはやはり危険だなと思いました。

事件簿2

6年生の6月
ここからが受験本気モード突入と思ってたところ
同じクラスの大きくて力が強い子に、よくちょっかいをだされているのは聞いていました。

まわりの子はその子に従っていたらしいです。
息子は全く従いません。弱いのに(T_T)

運動会の写真をみて驚きました本当に小学生?
私より強そうです。よくこの子に立ち向かうな~と関心しました。

その頃になると「学校休んでいい?」
と奥さんによく言うようになってきました。私はなにか嫌な事でもあったのかな~と思い
「いいよ」と即答。

その後、息子の友達が家に遊びにきた時に
息子が学校でイジメを受けてるらしいと奥さんが小耳に挟んで私に伝えてきました。

イジメが小さいうちにと思い、先生に一度相談してみました。
若い女の先生でしたが「クラスではそのような事はない」と言われました。
学校の先生も大変だろうし、わが息子のことなので学校に頼らずいこうと決めました。

そこで私は息子の仲良くしている子供が遊びにくる水曜日に会社を休み。代わりに土曜日出勤に切り替え情報収集(盗み聞き)
そして息子の友達が来ると駄菓子屋に連れて行ったり、温水プールに連れていったりして情報を集めました。

だいたいの事はわかりました。
その子は簡単にいうとジャイアンタイプ
そこまで悪いやつじゃないけど、従わない子には鉄拳。

息子もよく殴られ学校から帰ってきました。一度ひどく殴られた時に、先方の親に電話をしました。
こちらはファイティングモード
するとどうでしょう。ジャイアンの親なのでジャイアンかーちゃんかと思ったら、
とても電話口の喋り方も柔らかく「暴力はやめてほしい」と言ったところ、
「二度と暴力はないようにする」と言ってくれました。
こちらはうちの子の口の悪いところを直すと伝えました。

その後、暴力はなくなりました。
これで受験にもリラックスして向き合える。ホッ

⭐️私なりの結論
学校になんでも責任と頼りにするのは間違っていて、自分達も動かなくてはいけないのかもしれません。また奥さんだけに任せるのではなく必要な時にはお父さんが登場する事も必要な気がします。
今回、先方に電話で連絡する際、奥さんから電話すると女性同士感情になってしまうかもと思ったので、異性の私が3時のオヤツが終わったご機嫌な時間帯に電話をしました。

子供の世界は大変なんですよ
私達世代と違う大変さがそこには存在しているはず?

我が家はたえず子供が話してくれる環境をつくるように馬鹿なりに努力しました。
もしかすると私が馬鹿だから、いろいろ話てくれたのかもしれません。

ページトップへ